スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匠の技の継承

毎日汗を流しながら、本堂を作ってくれている「宮大工」さん。
もちろん、寺院建築なんて案件は少ないでしょうから、技術を有する人は数少ないでしょう

1007271.jpg

ちなみに上の光景は、棟梁(右)と若い大工(左)の一コマ。
職人さんの多くは口数も少ないですから、まさに背中を見て技術を体得しているのではないでしょうか

このように代々受け継がれていく「大切なもの」。
こんな時代だからこそ、大事にしていきたいですね
スポンサーサイト

鬼瓦

6月上旬のはなしですが、、、
大屋根工事の主役、「鬼瓦」があがりました
1007201.jpg
何といっても「顔」ですからね!
浄覚寺の紋「藤輪に二」が中心にデザインされています。

1007202.jpg
三つのパーツから出来ているみたいですね。
間近に見ると、かなり大きかったですが、あがってしまうとピッタリでした

本堂内部

本堂内部が着々と進捗しています

1007061.jpg
漆塗りの虹梁です。
ちょうどご本尊の上に使われる部分です。

1007062.jpg
大きな材木が組みあがっています。
こういった特殊な造りは、宮大工さんの匠の技です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。