FC2ブログ

第21回 宗祖降誕会【リポート】

 本堂が新しくなったので、すべての行事、法要が初めてづくしになるんですが、今回は初の「宗祖降誕会」をお迎えしました

 「宗祖降誕会」とは、浄土真宗の宗祖、親鸞聖人の誕生日をお祝いするものです。親鸞聖人は、承安3年(1173)の5月21日にお生まれになりました。西本願寺では明治7年(1875)より、この日を「降誕会」と名づけ、親鸞聖人のご誕生を祝って、多くの行事が催されています。

 午前中は「親鸞聖人ご誕生法座」、午後からは「懇親演芸会」という流れは以前と同様ですが、今回はそれぞれを二階本堂、一階門徒会館で行うことができました

 午前中のご誕生法座では、「正信念仏偈」を、仏教壮年会のみなさんの調声のもと、おつとめしました今回のご講師は、宗像組宗念寺副住職の松尾得晃(えこう)師。龍谷大学、大学院の修士、博士、その先まで12年間にわたって研究をされていた、学者さんです新門さまともご一緒に学ばれたそうです

1105261.jpg
献花 みほとけさまにお花をお供えします

1105262.jpg
供飯 みほとけさまに御仏飯をお供えします

1105264.jpg
ご講師の松尾得晃師

 そして午後からの懇親演芸会では、門徒会館の可動式ステージの上で、さまざまな園演芸で大いに盛り上がりましたまた今回はゲストもお越しになりました。一人目は迫真の演技で一人芝居「頸城(くびき)の春」を演じられた那珂川町光蓮寺衆徒の池田佐恵子さん。もう一組はボランティアで色々なところを慰問されている「博多笑倍道一座」のみなさん。南京玉すだれやひょっとこ踊りなどで大笑いでした
 淨覚寺門徒会副会長の松隈重明さんによる、バナナの叩き売りでは、売り上げの全てを東日本大震災の義援金にさせていただきました。そのほかにもビンゴゲームもあり、老若男女大いに盛り上がりました

1105265.jpg
一人芝居「頸城の春」

1105266.jpg
博多笑倍道一座のみなさん

1105267.jpg
バナナのたたき売り

1105268.jpg
ん・・・?一人だれか混じっているような・・・

 初の場所であったので、何かと反省点もありますが、来年以降も益々盛り上がるよう企画したいと思いますその他の様子は、下記よりフォトアルバムにて。

宗祖降誕会【2011.5.22】

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)